f:id:BARin:20130826172950j:image:w360
「ナチュール スパ宝塚」
この横に橋がある。
そこに歌碑が、
f:id:BARin:20130826172919j:image:w360
「与謝野晶子」


では何故「与謝野晶子」なのか、
それは、
明治の歌人与謝野晶子は、
宝塚歌劇団の雑誌『歌劇』の創刊号(1918年8月刊)に、
「武庫川の夕」という題で上の三首を詠んでいる。
その一つがこれだ。
夫の与謝野鉄幹と、大正6年(1917年)6月に、
3週間ほどかけて阪神間を周遊した際に、
この施設の横にある。
宝来橋付近で詠んだものらしい、
それを記念して、
この歌碑があるのだ。


そしてこの施設の前に、
風情のある。
喫茶店が、
f:id:BARin:20130826172716j:image:w360

入ると、いかにも上品なマダムが一人、
我が町のおばさん達とは、
天と地の・・・・


大阪の下品なおじさんが、
スマホでカシャカシャと撮ったら、
嫌がられるだろうと思い、
画像は遠慮した。


取り留めの無い会話をした。
話し方も上品だ。
こんな人達がお客さんだったら、
私のストレスも・・・


「最近はどうですか?」と、聞かれた。
「暇ですよ、どうしょうもないぐらい・・・」
と、答えると、

「マスターがカッコイイから大丈夫ですよ」
と、言われた。
社交辞令のお世辞だが、
こういう上品な方に言われると、
何故か嬉しかった・・・・


30年続けられたお店が施設の立替で、
こちらに移られ4年程だと、
是非頑張って続けて欲しいものだ。
又、機会があれば!
f:id:BARin:20130826175049j:image:w360


↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村